クール便切り替えのお知らせ


母の日ワインギフト2019


ヴァール ロゼの欠品に伴う代替割引セール及び新商品発売のお知らせ


春のコンビセール


マヴィ創立記念オリジナルワイン ご購入ページ


春に楽しむお料理とワイン特集





価格別・タイプ別ワイン検索

タイプ
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア


14000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団

商品カテゴリ一覧 > ワインを探す > ワイン・産地別 > フランスワイン > フランス・ボジョレー

ボジョレーのオーガニックワイン

Beaujolais

ボジョレーの地図

ボジョレーはフランス中央高地の北東部に位置する丘陵地でブルゴーニュの1地区。生産されるワインの9割以上がガメイという品種を使った赤ワインです。毎年11月の第3木曜日に解禁されるその年のぶどうで造られた新酒、ボジョレーヌーヴォーが有名。


ボジョレーのワイン生産者

シュブラン家

ドメーヌ ド クレ ド ビーヌ - Domaine du Crêt de Bine

ボジョレーの生産者シュブラン家

ボジョレ地区南部で5世代前からぶどうを栽培。当主は元農学校教授。ビオディナミを実践する友人のワインに感動したことから2008年にオーガニック転換を決意。自身も実践しテロワールを生かすワイン造りを追及しています。
(シュブラン家の詳細はこちら


ランポン家

アンドレ ランポン - André Rampon

ボジョレーの生産者ランポン家

ボジョレーヌーヴォーで有名なボジョレー地区の北、レニエ村にわずか3haの畑を1977年から所有。耕作は馬、収穫は手、搾るときの動力さえ人間という徹底した手づくり派。ワインのもつ優しさは造り手の人柄そのもの。
(ランポン家の詳細はこちら


>>ボジョレーの詳しい情報はこちら


ボジョレー ワインリスト

8 件中 1-8 件表示 

【限定20本】 ボジョレー キュヴェ ド フランソワ 2016 赤

【限定20本】 ボジョレー キュヴェ ド フランソワ 2016 赤

3,982円(消費税込:4,300円)

 シュブラン家
煮詰めた苺やカシスに薔薇スミレの香りが華やか。滑らかな口当り。上品な酸味を伴いしなやかに広がる果実味。シュブラン家の熟成ボジョレーの中では特に上質なクラスのワインです。

数量
詳しく見る

ボジョレーヴィラージュヌーヴォー 2018 赤

ボジョレーヴィラージュヌーヴォー 2018 赤

3,800円(消費税込:4,104円)

 ランポン家
特定の村で収穫された特別なオーガニック・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー。

数量
詳しく見る

ボジョレーヌーヴォー2018 赤

ボジョレーヌーヴォー2018 赤

3,500円(消費税込:3,780円)

 シュブラン家
ビオディナミ農法を実践するシュブランさんのボジョレーヌーヴォー。

数量
詳しく見る

ボジョレー キュヴェ ビオ アディクト 2016 赤

ボジョレー キュヴェ ビオ アディクト 2016 赤

3,297円(消費税込:3,560円)

 シュブラン家
赤く甘酸っぱい果実の香りにシナモン、ミネラル、紫の花の香り。軽やかで可愛らしい果実味と鮮やかな酸味。

数量
詳しく見る

ボジョレー 2017 赤 (熟成タイプ)

ボジョレー 2017 赤 (熟成タイプ)

2,760円(消費税込:2,980円)

 シュブラン家
2017年のぶどうで造った熟成タイプのボジョレーワイン。ピュアで透明感のある赤い果実香に、樹木やミネラルの香り。可愛らしい果実味にそっと寄り添う優しい酸味。

数量
詳しく見る

ボジョレー 2016 赤 (熟成タイプ)

ボジョレー 2016 赤 (熟成タイプ)

2,760円(消費税込:2,980円)

 シュブラン家
2016年のぶどうで造った熟成タイプのボジョレーワイン。カシスや木苺に様々なスパイスの香り。口当たりはしなやかで、軽やかに広がる果実味と酸味、繊細な渋みがバランスの良い1本です。

数量
詳しく見る

レニエ(クリュ ボジョレー) 赤

レニエ(クリュ ボジョレー) 赤

3,686円(消費税込:3,980円)

 ランポン家
苺や紅茶、オレガノ、シャンピニオンの香り。綺麗な果実味で、柔らかく、優しく、滋味あふれる1本。

数量
詳しく見る

ボジョレー ペティアン ロゼ 発泡

【限定20本】ボジョレー ペティアン ロゼ 発泡

3,630円(消費税込:3,920円)

 シュブラン家
ガメイをシャンパーニュと同じ伝統製法の瓶内発酵にて仕上げた優しいスパークリングワイン。いちごのようなかわいらしい果実味が楽しめます。

在庫切れ



8 件中 1-8 件表示 

ボジョレーワイン特集

収穫の季節、ボジョレーワイン

ボジョレー地方 | おいしい?おいしくない?ボジョレーヌーヴォー | ボジョレーの食事 | マヴィのボジョレー ワイン


ボジョレー地方

ボジョレーはフランス中央高地の北東部に位置する丘陵地で、
フランスリヨン地方ブルゴーニュの1地区でもあります。

北部は片岩質、花崗岩質、南部は石灰質や粘土石灰質の土壌で、
生産されるワインの9割以上がガメイという品種を使った赤ワインです。
繊細で軽やかな飲み口が心地よく、日本ではなんといっても毎年11月の第3木曜日に解禁される
その年のぶどうで造られた新酒ボジョレー・ヌーヴォーが有名です。

元々フランス国内ではあまり脚光の浴びることない地方でしたが、
1970年代に大手ネゴシアンがボジョレーヌーヴォーを「その年に飲めるワイン」として
大々的に売り出したところ、このマーケティングが大成功したのです。
ワイン産地として注目を集めるようになったボジョレー地方ではオーガニックでのぶどう栽培も盛んになり始め、
1980年代はたった3軒だったオーガニックワイン農家も今では100軒以上に増えています。

↑このページの上部へ

おいしい?おいしくない?ボジョレーヌーヴォー

ヌーヴォーはフランス語で「新しい」を意味し、ボジョレーヌーヴォーはその名の通り
「新しいボジョレー地方のワイン」、つまりその年に採れたぶどうで造られる新酒のことを指します。

フランスでマーケティングに成功したボジョレーヌーヴォーは世界中に注目され
とりわけ、時差の関係で最も早く解禁できるという日本で大きな盛り上がりを見せました。
1980年代頃には日本のいたるところでボジョレーヌーヴォーの解禁を祝う催しが開かれていたのです。

しかし需要が増えたことでボジョレーヌーヴォーへの悪影響もなかったとはいえません。
ワインとして十分に仕上がっていないものが出荷されたり、
安さばかりを売りにした工業品的なボジョレーヌーヴォーが大量に出回ったりしてしまいました。

こういった要因で評判を落としかけていたボジョレーヌーヴォーですが、
近年意欲的な生産者の参入もあり、上質で楽しめる味わいのボジョレーヌーヴォーが続々と誕生しています。

普段あまりワインを飲まない方でも気軽に手に取りやすいボジョレーヌーヴォーですが、
せっかくの機会においしいワインに出会えず印象が良くないまま終わってしまうのは本当に勿体ないこと。

重たくなりすぎず、軽快で可愛らしい味わいのボジョレーヌーヴォーは、
簡単なおつまみや和食にもぴったりで、気軽な仲間の集まり、家族の食卓、ピクニックなど様々な楽しみ方ができます

その土地の、そのときの味わいを楽しむということにおいて、ボジョレーヌーヴォーは
四季の移り変わりを愛する日本に住む人たちの心に、もっとおいしく、身近に寄り添う存在になってほしいと願わずにはいられません。

ボジョレーの風景 ぶどう ひなげしの花 左から:ボジョレーの風景、代表的な品種ガメイ、ランポンさんのオーガニックの畑にはコクリコ(ひなげし)の花が咲いています

ボジョレー豆知識

知っているとボジョレーのワインをもっとおいしく楽しめる!?かもしれません。

収穫

ボジョレーのぶどうは全て手摘みで収穫されます。
収穫はその年の天候に寄って異なりますが、大体9月上旬から下旬、
気温が低くなかなかぶどうが完熟するのが遅かった2013年は収穫開始が10月まで伸びたことも。
2015年は夏の気温が高かったため、マヴィのシュブランさんの畑では9月5日頃から本格的な収穫が始まったそうです。

醸造

ボジョレーでワインの醸造、特にマセラシオンという
ぶどうから味わいや色を引き出す行程で用いられる方法は大きく分けて3つ。
その中でもマヴィの生産者さんが行うマセラシオン・セミ・カルボニックは昔ながらの伝統的な方法で、
時間と手間がかかりますが、ぶどうの味わいをじっくりと引き出します。

  • マセラシオン・セミ・カルボニック
    (マヴィのボジョレーヌーヴォーはこちらの方法です)

    伝統的な製法で、1960年代頃までは主流だった。
    ボジョレー本来の味を引き出せるが、大量生産できず、また浸漬の期間が長いため
    技術がないと腐敗する危険性もあり採用しているところは少ない。
    ぶどうを房ごと、完全に蓋をしたタンクに入れ、20〜25度の温度で5〜6日間(最大7日間)、
    発酵によって自然に発生した二酸化炭素の中で浸漬。
    ガメイ種のもつフレッシュな果実味、滑らかさが出る。
  • マセラシオン・カルボニック
    ボジョレー ヌーヴォーの一般的な造り方とされている。
    ぶどうを房ごと、ボンベから注入した二酸化炭素を充満させたタンクに入れ、
    完全に蓋をした中で空気を全く通さず2〜3日間浸漬する方法。より簡単に色や香りが出て早く仕上がる。
  • マセラシオン・アショー
    ショー=フランス語で「熱」。
    ぶどうを房ごとタンクに入れ、約70度という高温の蒸気で30分間加熱。
    ぶどう天然酵母は死滅してしまうので、発酵のために人為的に酵母を足す。
    果皮細胞を破壊し 色素を抽出しやすくし、短時間で製造できる。
    しかしポリフェノールの力やぶどう本来の香り、味わいはほとんど失われてしまう。
    コストの大幅な削減ができ、大量生産できるため大手メーカーから中堅まで広く採用されている。
  • 収穫の様子 醸造 発酵途中 左から:時期になると有志によって手摘みで収穫されます、昔ながらの圧搾機、発酵途中の様子

    おすすめの飲み方

    ボジョレーのワインは果実のフレッシュな味わいを楽しむため、
    飲む1時間ほど前から冷蔵庫で軽く冷やして飲むのがおすすめです。
    野菜やきのこ、白身の肉など軽めのものを合わせるとボジョレーの繊細な味わいがより楽しめるでしょう。

    シュブランさんのワインはミネラル感ときれいな酸味、スパイスの風味もあるので、
    カレー粉の風味をつけたローストチキンなどにも合います。
    じんわりと滋味あふれるランポンさんのワインは、きのこや根菜など大地の香りを感じる食材がおすすめです。

    (番外!?こっそり教えます、さらなるスタッフのおすすめ技)
    通常は早く飲みきってしまうのが良いとされるヌーヴォーですが、
    丁寧に時間をかけて造られたマヴィのヌーヴォーはぜひその変化も楽しんでもらいたい!
    もしセラーなどの保管場所に余裕があれば、解禁日に飲むのとは別に1本、
    2ヶ月後の年明けくらいまで寝かせて置いてみて下さい。
    お正月に飲んでみると、収穫したてのフレッシュな味わいから
    また少し印象の異なるワインになっているはずです。
    マヴィの中にはこちらの方が好き!というスタッフもいるほどです。

    ヌーヴォーだけじゃない!熟成タイプのボジョレーワイン

    ボジョレーにはもちろんヌーヴォー(新酒)以外のワインもあります。
    ランポンさんのドメーヌがあるレニエを含む特別な10の村では「クリュ ボジョレー」と呼ばれるワインが造られています。

    クリュボジョレーはその年のうちに飲みきるボジョレーヌーヴォーとは異なり、
    4-5年ほどの熟成に向くものが多く、軽やかながら奥行きのある味わいが楽しめます。

    食卓の風景 名物料理 ランポン家の絵 左から:シュブラン家での食事、名物のソーセージをぶどうかすで煮た料理、ランポンさんのカーヴにある絵

    ↑このページの上部へ

    ボジョレーの食事

    ボジョレーの町にほど近いリヨンは美食の町とも呼ばれ、
    ブションと呼ばれるビストロでは気軽な郷土料理を食べることができます。
    リヨンではソーセージも有名ですが、そのソーセージをワイン用に発酵したあとのぶどうかすと煮る、
    サボデ・オ・ヴァンと呼ばれる名物料理があります。(スタッフが現地で食べたときの様子はこちら
    気軽な家庭料理とも合わせやすいボジョレーのワイン、ぜひ色々なお料理とお試し下さいね。

    ボジョレーのワインと楽しむレシピ

    前菜からメインまでたくさんのレシピをご用意しました!
    きのこや栗、いもなど秋の食材を使うとボジョレーのワインと合わせやすいですよ。
    ボジョレーワインと楽しむレシピ

    ↑このページの上部へ

    マヴィのボジョレー ワイン

    ドメーヌ ド クレ ド ビーヌ(シュブラン家)/フランス ボジョレー

    シュブラン家ボジョレー南部で5世代前からぶどう栽培を続けており、元農学校教授の当主シュブランさんがビオディナミを実践する友人のワインに感動したことから2008年にオーガニック転換を決意。 その土地が持つ味わいを生かすワイン造りを追及するシュブランさんのワインはミネラルとスパイスを感じる味わいです。
    >>シュブラン家のワイン一覧へ

    アンドレ ランポン(ランポン家)/フランス ボジョレー

    ランポン家ボジョレーのレニエ村で熟成に向くタイプのクリュ ボジョレー、そしてボジョレーヴィラージュヌーヴォーを造っています。家族経営の小さな農場で、博物館に置かれているような昔ながらの機械を使い、畑を耕していますがその動力は馬、そして人力。畑と自然を愛するランポンさんの手作りの優しさを感じられる滋味あふれるワインをぜひ一度お試しください。
    >>ランポン家のワイン一覧へ