{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
(平日 10:00~17:00)

ポルトガルワイン

1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示

ポルトガルのオーガニックワイン

Portugal

ポルトガルの地図

ポルトガルは海岸部の平地と険しい山間部に分かれ、地域によって気候や食文化が大きく異なります。また日本に初めて伝わった赤ワインも実はポルトガル産の「珍陀酒(ちんたしゅ)」だったといわれています。現在では甘口のポートワインや早飲みのヴィーニョヴェルデといったワインが注目されています。


ポルトガルのワイン生産者

ピントゥ イ クルス家

カザウ ドス ジョルドス - Casal dos Jordões

ポルトガルの生産者ピントゥ イ クルス家

ピントゥ イ クルス家はポルトガル川の川沿いにある急勾配の斜面にぶどう畑を所有。オーガニック栽培には厳しい条件の土地で、すばらしいポルトとポルトガルを生産しています。その品質の高さは、国内外のコンクールで賞を総なめにしていることからも明らかです。

ピントゥ イ クルス家の詳細はこちら


商品一覧:ポルトガルワイン

  • おすすめ

ドウロ 赤

¥ 3,050 消費税込 ¥ 3,355
煮詰めたプルーンやブラックチェリーの中に甘草、胡椒のニュアンス。しっかりと熟した果実の恵みが詰まった赤。

ポルト タウニー

¥ 4,300 消費税込 ¥ 4,730
果実のジャム、シガー、コーヒーの複雑な香り。十分な甘みとトウニー特有の酸味がバランスのよい1本。

ヴィンテージ ポルト 2000

¥ 12,900 消費税込 ¥ 14,190
ポルトの大変な当たり年、2000年産。品種や土壌の特徴を持ち、バランスの取れた長期熟成型。

ポルトガルワイン特集

ポルトガルワイン特集

ポルトガルワインについて

ピントゥイクルス家のぶどう畑
ピントゥイクルス家のぶどう畑


ポルトガルといえば日本との交易の歴史も古く、日本に初めて伝わった赤ワインも実はポルトガル産だったといわれています。

ですが、現在ではフランスやイタリアなどの有名なワイン産地に比べ、欧州の中ではあまり目立たず、未だにミステリアスな存在のポルトガルワイン。

甘口のポートワインや、近年では早飲みのヴィーニョヴェルデといったワインも注目され始めました。

ポルトガルは主に海岸部の平地と、険しい山間部に分かれ、地域によっては景色や気候、食文化まで大きく変わってきます。


↑このページの上へ戻る


ポルトガルワイン産地と歴史

機械が入らない急勾配のぶどう畑
機械が入らない急勾配のぶどう畑


ドウロなどがある山間部は、急勾配で平地との大きな高低差がある、険しい地域になります。雨が少なく非常に乾燥しており、ぶどうは水を求めて地中深くまで根を張ります

の乾燥した気候と昼夜の激しい寒暖差によって、山間部のぶどうは非常に凝縮した力強い仕上がりになります。ワイン用のぶどう栽培に適した気候のドウロでは、3世紀頃からワインの生産が始まっていました。

イベリア半島の南西、太平洋岸に位置するポルトガルは、いうなれば海に向かって開けた辺境です。14世紀にエンリケ航海王子がポルトガルの大航海時代を花開かせてからは、ポルト港を中心として海外との貿易が栄えました。

乾燥した土とぶどう
乾燥した土とぶどう


その際、長い航海に耐え、船上での気付け薬としても用いられるポルトワインが広まっていきます。18世紀になると海洋を支配していたイギリスへワインの大量輸出が始まりました。


↑このページの上へ戻る


ポルトガル生産者の紹介

カザウ ドス ジョルドス(ピントゥ イ クルス家)/ポルトガル

ピントゥ イ クルス家


ピントゥ イ クルス家の「カザウ ドスジョルドス」は創業1870年という老舗です。1994年にポルトガル政府がオーガニック転換に対する補助金を設けたのをきっかけにオーガニック転換し、その後国内外のコンクールで40に及ぶ賞を獲得している実力生産者です。

畑の傾斜は何と15~35度という驚愕の急斜面でぶどうを栽培しているので当然機会は使わず、収穫も手摘み。地元の農家ですら「ここでオーガニックは不可能」と言い切るこれらの条件の中で、ピントゥ イ クルスさんが素晴らしいオーガニックワインを造ることができるのは、コインブラ大学で農学・醸造学を学んだ農業エンジニアであるという彼の経験と知識の賜物です。

全てのぶどうがオーガニックですが、自家醸造に使うのは最上の質の果実のみです。その量は何と全体のたった20%だけ。 残りは大手ワインメーカー(サンデマン)に売っているそうです。

主に世界3大酒精強化(フォーティファイド)ワインの1つ、ポルトガルのドウロが産地のポルト(ポート)を作っていますが、この土地ならではの赤ワイン「ドウロ」も人気です。

最高ランクの畑の最良の果実で作れる傑作をぜひ一度お試しください。

>>ピントゥ イ クルス家のワイン一覧


↑このページの上へ戻る


ポルトガルの食事

コジードアポルトゥゲーザ
コジードアポルトゥゲーザ


海岸部では、海でとれた新鮮な魚介類をシンプルな味つけで豪快に楽しむことが多く、魚介を鍋で蒸したカタプラーナや、またいわしの炭火焼きなどが有名です。

そしてなんと言ってもポルトガル料理を語る上で欠かせないのはバカリャウというタラの塩漬け。冷凍技術の発展以前、ポルトガルをはじめとするスペイン語圏では、海でとれたタラを塩漬けにして乾燥させたこのバカリャウが発展しました。ポルトガルではどのレストランにいってもバカリャウを使ったメニューがあり、そのレシピは1年の365日分、あるいは1000個以上も存在するといわれています。


バカリャウコントット
バカリャウコントット


その他にも、肉や魚を、野菜とシンプルに合わせたお料理が多く、ポルトガル風のポトフのような「コジード・ア・ポルトゥゲーザ」は素朴な味わいが魅力的です。

デザートはライスプディングやカタラーナ、エッグタルトといった卵を使ったデザートが多く、こちらはぜひポルトと合わせて楽しんでみてください。


↑このページの上へ戻る


マヴィのポルトワインにおすすめの組み合わせ

メロンとポルト
メロンとポルト


・力強い赤ワインのドウロはジビエや肉料理などしっかりした味の食べものと。

ポルトタウニーはチョコレートはもちろん、ボーロなど焼き菓子や塩系のスナック、現地ではくりぬいたメロンにたらしていただきます。

・より深い味わいのヴィンテージポルトは食後にチーズと共にお召し上がり下さい。


↑このページの上へ戻る


ポルトガル人気ワイン

ポルト タウニー

・商品番号:32003
・生産者:ピントゥ イ クルス家
(ポルトガル・ドウロ)

果実のジャム、シガー、コーヒーの複雑な香り。十分な甘みとトウニー特有の酸味がバランスのよい1本。

商品詳細

  • 合う料理:食前・食後酒、ドライフルーツケーキ、アーモンドチョコ、メロン(半分に切って種子をくり抜き冷やしたポルトを注ぎ贅沢に食べるのもおすすめ)
  • 価格:4,300円 (消費税込:4,730円)
数量

ドウロ 赤

・商品番号:32002
・生産者:ピントゥ イ クルス家
(ポルトガル・ドウロ)

煮詰めたプルーンやブラックチェリーの中に甘草、胡椒のニュアンス。しっかりと熟した果実の恵みが詰まった赤。

商品詳細

  • 合う料理:地鶏、豚肉、野ウサギ、ハード系チーズ、ローストチキン、タルタルステーキ、チキンのパスティーヤ
  • 価格:3,050円 (消費税込:3,355円)
数量

ポルトガルワイン価格表


カザウ ドス ジョルドス(ピントゥ イ クルス家)/ポルトガル

ピントゥ イ クルス家

ポルトガルのドウロ川沿い、非常に急勾配の斜面、オーガニック栽培には厳しい条件の土地ですばらしいポルトとドウロを生産。その品質の高さは、国内外のコンクールで賞を総なめにしていることからも明らか。

>>ピントゥ イ クルス家のワイン一覧


カートへ