(平日 10:00~17:00)

デザート

くるみのタルト

材料(20cmのタルト型1台分)

  • 基本のタルト生地(こちらを参照)
  • くるみ 250g
  • はちみつ 大さじ4杯
  • 砂糖 75g
  • ジンジャーパウダー 小さじ1杯(生の場合はすりおろす)
  • シナモンパウダー 小さじ1杯
  • ナツメグパウダー 少々
  • バター 120g
  • 卵 3個

作り方

  1. オーブンは200℃に温めておく。タルト生地を延ばしてタルト型に敷き詰め、フォークを使って底に穴をあけ、おもしを入れて10分程度空焼きにする。
  2. くるみの半量とはちみつ半量を混ぜミキサーにかける。
  3. バターと砂糖を泡立て器を使って白くもったりしてくるまで泡立てる。そこに卵、はちみつの残り、スパイス、[2]を加えよく混ぜる。
  4. [3]を空焼きしたタルト生地に詰め、上から残りのくるみをまんべんなく散らす。
  5. オーブンで20~30分焼いてできあがり。

※くるみだけを使用しましたが、アーモンドやココナッツなどを混ぜてもまた違う風味になるでしょう。濃厚でどっしりしているので、デザートよりも午後のティータイムに向いているかもしれません。スパイスが好きな方はもう少し多めに加えても。

コラム

今年は桜がずいぶん早そうですね。宮崎は過去最早、福岡でもタイ記録で、東京あたりでも3月20日を待たずに開花するとか。来日の楽しみの1つが桜の花だったボアソーさんや生産者には少し残念なニュースですが、遅咲きの品種が残っていることを期待して、桜以外の日本の良いところを満喫してもらおうと思います。皆さんはぜひマヴィの桜オーガニックを持ってお花見にお出かけくださいね。

桜と言えば、フランスでもサクランボがたくさん採れるので、ソメイヨシノとは違いますが、春には桜の花が満開になります。昨年はドアットさんが家の周りの桜の花の写真を送ってくれました。また遠くから見たら桜に見えるのがアーモンドの花。コート デュ ヴァントゥーを産出する地域はアーモンドもたくさん植えられていて、その花が満開になるとまるで日本のお花見の季節のようです。背景に見えるヴァントゥ山も頂上付近は植物が生息しないため、ゴロゴロとした石だらけ。つまり遠くから見るとてっぺんに雪を抱いている富士山のようでもあるのです。

そんなアーモンドをはじめ、日本と比べナッツ類が豊富なヨーロッパ。ヘーゼルナッツもくるみもとても手頃な値段で手に入るので、ナッツを使ったお菓子やチョコレートなども無数にあります。また、それぞれのオイル(風味がそれぞれ独特なので、ドレッシングなどに使われます)や練りごまのような形で、アーモンドペーストやヘーゼルナッツペーストなどもごく普通に売られています。朝のトーストにバター代わりに使ったり、ドレッシングやお料理に使用したりするのですが、特にトーストにアーモンドペースト+はちみつは、一度食べると病みつきになってしまうリッチな美味しさ。

イタリアに行ったときには、日本だと高価でお菓子作りでどうしても必要な時くらいしか手が出ないヘーゼルナッツの木が、散歩道に無数に生えていて、それがヘーゼルナッツだと知ったときにはとても羨ましくなりました。ちょうど実る時期だったので、地面に落ちた実をみんなで拾ったほどです。なるほど、チョコレート風味のヘーゼルナッツのスプレッド(日本でもファンが多いですよね!)が大量に生産されるわけですよね。

フランスの中部ではくるみの生産が盛んです。山の家にも大きなくるみの木がありましたが、くるみの実が熟す前(普通に目にする殻に入ったくるみはくるみの実の種の部分です。その周りについている実がまだ緑の頃)に取って、砂糖と赤ワインと一緒に漬け込むヴァン ド ノワ(梅酒みたいな感じで、アペリティフのドリンクとして家庭では人気です)をよく作っていたのと、殻を1つ1つむいていたのでは、夏の大量のお客様には間に合わないので、夏の料理用には殻がむかれた状態のオーガニックのくるみをよく購入していました。ナッツのタルト、クランブルのクラムに混ぜる、パウンドケーキ、ヌガーグラッセ、バタースカッチブラウニー等、山の家名物のデザートに使われるのはもちろん、サラダのトッピングなどでもよく使用しています。

今回は、アーモンドの花がモチーフとなったロヴェロ家の赤の微発泡ワイン、マンドルロとこれ以上ないほどの絶妙のマリアージュとなったくるみとはちみつをたっぷり使い、スパイスもふんだんに取り入れたタルトをご紹介します。マンドルロはそのままで飲むも良し、前菜からメインまでさまざまなお料理にも合わせることができる実に優秀なワインなのですが、デザートにまでこんなに合うなんて…とスタッフも感激しました。ラベルも今の季節にもってこい。ぜひ一度お試しあれ。

(2013年3月18日 長谷川)

関連記事

  1. レシピ

    簡単アレンジ、ポルトガル風フェイジョアーダ

    材料(4人分)豚のバラ肉 300g玉ねぎ(粗みじん切…

  2. レシピ

    ズッキーニのフラン

    材料(4人前)ズッキーニ 2~3本たまねぎ 1個卵 3個牛乳…

  3. デザート

    アップルクランブル

    材料(家庭用のオーブンに入る程度の大きさ)りんご 2~3個バ…

  4. レシピ

    ガスパチョ

    材料トマト 4個たまねぎ 1/2個赤いパプリカ 1個きゅうり…

  5. レシピ

    エンドウのスフレ

    材料エンドウ(さやから出した状態で) 300gバター 30g…

  6. ボジョレーヌーヴォーと楽しむレシピ

    里芋とマッシュルームのポタージュ

    材料(4人分)里芋 3~5個(皮付きで約200g)ブ…

PAGE TOP