オーガニックワイン総合情報サイト ワイン通販 ワインと料理のマリアージュ 代表ブログ


(平日 10:00~17:00)

レシピ

グーラッシュ

材料(4人分)

  • 牛肉塊(もしくはシチュー用) 300g
  • たまねぎ 1~2個
  • にんにく1片
  • ピーマン 4個
  • トマト 5~6個(ホールトマト1缶)
  • トマトペースト 大さじ2杯
  • 赤ワイン 500cc
  • 炒め用バターとオリーブオイル 適量
  • パプリカパウダー 大さじ1~2杯(好みで加減)】
  • クミンシード 小さじ2杯
  • ローリエ
  • 塩、こしょう

作り方

  1. 牛肉は2cm角程度に切っておきます。たまねぎは薄切りに、にんにくは刻み、ピーマンは幅5mmくらいの千切りにしておきます。生のトマトを使用する場合は皮を湯むきしてざく切りにしておきます。
  2. 厚手の鍋を火にかけ、バターとオイルをそれぞれ大さじ1杯ずつくらい入れ、肉を入れ、焼き色をつけたらいったん肉を取り出します。
  3. 同じ鍋にたまねぎを入れ10分程度焦がさないように炒めます。途中にんにく、パプリカパウダー、クミンシード、ローリエ、塩、こしょうを加えてさらに炒めます。
  4. 炒めた牛肉、そしてピーマンを鍋に入れ、トマト、トマトペースト、赤ワインを加え、全体がひたらない場合は水も加えてふたをします。
  5. 沸騰してきたらあくを取り、火を弱めて1~2時間煮込んでできあがり。お好みで、生クリームかサワークリームを加えて召し上がれ。

※今回のイベントではサフランライスを添えて出しましたが、平たいパスタやじゃがいもでもOKです。じゃがいもは一緒に煮込んでも美味しいです。ただし崩れやすいので、最後の30分くらいのところで加えましょう。煮込みは一度火を落として冷めてから、もう一度温めなおすとより味わいが増しますよ。

コラム

2月も半ばを過ぎ、寒さの中にも春を思わせるような日がちらほらと現れるようになってきました。先日は久しぶりの「東京での料理イベント」を行い、多くのリピーターの皆さん、そしてもちろん初めての方ともお会いでき、短い時間でしたが楽しいひとときを過ごさせていただきました。先日ご紹介したトリュフ以来、チョコレート作りが楽しくなった私はマヴィのスタッフにジンジャー風味の生チョコ、そしてイベントではパッションフルーツの香りがあふれ出すチョコなど作って召し上がっていただきました。

先般のイベントはスパイスをテーマに設定しました。冬だということもあり、体を温めるスパイスでいこう、そしてスパイスと言うとどうしてもインドや東南アジア、中東のお料理のイメージが強いので、なるべくそういう料理に偏らないようにしよう、と自分で勝手にどんどんハードルを上げた結果、「わ~、何だか大変!!」ということになってしまいました…が、いつも通りメニューを考えるのは私にとって至福の時でもあり、あーでもないこーでもないと本や参考になるサイトなどいろいろ調べて今回のメニューに落ち着きました。

スパイスの効能は今ではインターネットを調べればずいぶんたくさん出てくるのですが、意外と「体を温める」という観点で書かれていることが少なかったので、思いのほか苦労しました。そんな中、選ばれたのが「クミン、ペッパー、シナモン、クミン、マスタード、パプリカ、サフラン、カイエンヌペッパー(チリ)、ジンジャー、クローブ」です。これらのスパイスを4種の前菜、お魚料理、お肉料理、デザートにと散りばめ味わっていただきました。

このイベントの特徴は、こうした何らかのテーマ(フランスの地方だったり、国や世界の地域だったり、赤ワインオンリーだったりとこれまで11回、いろいろなテーマで実施してきました)に沿ったお料理をお出しすると言うことと、もちろんマヴィはワインショップなのでそのお料理に合わせたワインをお出しするということです。事前に試作してワインと合わせるということは残念ながら難しいため、いつも料理の材料やイメージを私が伝え、私と赤坂本店店長の、ワインの味わいの記憶を総動員させて決めていきます。どちらかというと、いつも割りとすんなり決まりますが時には「こっちとこっち、どちらがいいかなあ、、、」と結構ギリギリまで悩んだりする場合もあります。イベント当日はお客様の反応を見て、感想をうかがって、その日のマリアージュ結果がどうであったかはほぼわかるのですが、研究熱心な店長を初めとする赤坂店スタッフは、後片付けもすべて済んだ後、改めてお料理とワインを並べてマリアージュを行い、1つ1つ確かめていくのです。

お客様にお出しするのと同じくらい、スタッフたちに食べてもらうことも緊張します。みんなの口から「美味しい!」「このワインと本当によく合いますね!」という言葉が飛び交い始めると本当にホッとして、心から嬉しくなります。今回のイベントはいずれも大正解と言ってよい組み合わせでしたので、お客様にもとてもご満足いただけたのではないかと思います。今日は、体を温めるスパイス料理の中でもたぶんもっとも温まる、今の時期にぴったりのお肉の煮込み、グーラッシュ(グヤーシュと表現されることもあります。ハンガリアンシチューとも言います)をご紹介します。

(2013年2月18日 長谷川)

関連記事

  1. ボジョレーヌーヴォーと楽しむレシピ

    なすのフラン

    材料なす 5本にんにく 1片(お好みで)たまねぎ 小1個オリ…

  2. デザート

    アップルクランブル

    材料(家庭用のオーブンに入る程度の大きさ)りんご 2…

  3. ボジョレーヌーヴォーと楽しむレシピ

    生ハムトンといちじくのフリット

    材料(2人分)豚ロース薄切り肉 6枚いちじく 1個生…

  4. レシピ

    簡単アレンジ、ポルトガル風フェイジョアーダ

    材料(4人分)豚のバラ肉 300g玉ねぎ(粗みじん切…

  5. レシピ

    ほうれん草とヒヨコマメのスパイシー炒め

    材料ほうれん草 1束乾燥ヒヨコマメ 1つかみ(たっぷ…

  6. レシピ

    レンズマメのサラダ

    材料乾燥レンズマメ 100g(水煮缶を使用しても可)たまねぎ…

PAGE TOP