オーガニックワイン総合情報サイト ワイン通販 ワインと料理のマリアージュ 代表ブログ


(平日 10:00~17:00)

レシピ

簡単、お手軽、美味しい2つのきゅうりのサラダ

どちらも超簡単!です。オイルとクリームが入るので、酢の物ほどさっぱりとはいきませんが、いつものきゅうりをちょっとアレンジしてどうぞ。レモンとパセリのドレッシングはほかにトマトやセロリなどとも好相性。クリーム編はトマト、パプリカ、アスパラガスなどとでも。

材料

  • きゅうり 2本
  • パセリ お好みの量
  • レモン汁 1/2個分
  • にんにく 少々(お好みで加えても、加えなくても)
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩、こしょう

作り方

  1. きゅうりはスライサーなどで薄切りにし、軽く塩をしておきます。(日本のきゅうりなので皮はそのままで!)パセリは刻んでおきます。にんにくはみじん切りにするか、すりおろしておきます。
  2. [1]のきゅうりをさっと水で洗ってしぼってボールに入れ、レモン汁、オリーブオイル、にんにく、パセリを加えよく混ぜます。
  3. 味を見て、足りなければ塩、こしょうで調節してできあがり。

コクのある生クリーム編

材料

  • きゅうり 2本
  • 生クリーム 大さじ 1~2杯(お好みで)
  • 黒こしょう あらびきで少々
  • たまねぎ 1/4個

作り方

  1. きゅうりとたまねぎはスライサーなどで薄切りにし、軽く塩をしておきます。
  2. [1]のきゅうりとたまねぎから水が出てきたら、さっと水で洗って、軽くしぼってボールに入れます。
  3. 生クリームを加えてよく混ぜ、最後に黒こしょうを挽いてできあがり。

コラム

今、昨年に引き続き家族でヴァカンスを過ごすため、我が家にフランスから居候がやってきています。海が近く見晴らしがいいのですっかり気に入ったようで、「今年も行ってもいい??」と連絡が入ったのでした。昨夏は彼らが日本で過ごしている間、私が彼らのパリのアパルトマンを借り、というわけでお互いとても都合よくお家を交換できました。こうして無駄なお金を使わないのも、フランス人流。長いヴァカンスもこんな風に賢く過ごすのです。

さてさて、夏にはたっぷり食べたくなる野菜のきゅうりですが、海外できゅうりを見た方は、たいていみんな驚かれるのではないでしょうか。そう、でかいんですよね。私も日本のものに比べて直径が2~3倍、長さも倍くらいあるきゅうりたちを見て、最初は本当に驚いたものでした。大きいから皮が固めなのも特徴で、基本的にはむいて食べます。これも日本人の私にはとても新鮮。きゅうりはあの濃い緑がきれいだし、皮があるからこそいろんな切り方をしても映えるのに、むいてしまうなんて惜しいなあと思ったものでした。けれども今ではすっかりそれが当たり前になり、向こうに行くと反射神経的にきゅうりは皮をむきます。まあ、物理的にその方が食べやすいし、皮がついているとゲストたちの反応もあまり良くないからですが…。

フランスに行っていない今年はもっぱら日本できゅうりを食べていますが、最近のお気に入りは、マヨネーズとみそ、レモン汁を混ぜたものをディップ代わりに、きゅうりを丸ごとかじるというもの。あればじゃこや桜海老、ごまなんかも足しています。やや塩分が多いので、ちょっとしょっぱいですが、あっという間にきゅうり1本なくなってしまいます。

きゅうりは90%が水で栄養はあまりないと言われますが、ミネラル分が豊富で、ビタミンやむくみ防止効果が期待できるカリウムがたくさん含まれているのだとか。さらには、身体にこもった熱を取り除く作用や、アルコール代謝を促す働きもあるのですって。(←読者にもマヴィスタッフにも朗報です!)夏に食べたくなる訳ですよね。自然は本当にうまくできています。

山の家でも夏場はきゅうりを使ったサラダが前菜によく登場します。一番多いのが、トマト、オリーブ、フレッシュのシェーヴルチーズとともに、オレガノ入りのフレンチドレッシングで合えたもの。これはトマトなしバージョンでもよくやります。ニース風サラダ、ヨーグルトとミントを使ったサジキ、ギリシャ風サラダ、ガスパチョ等々、きゅうりは夏の一皿目をさっぱりと開始するのにすごく重要なアイテムです。

今日は、そんなきゅうりを使ったサラダを2種類ご紹介します。フランスで一年を過ごしたときの最初の1ヶ月、フランス語の勉強も兼ねて1ヶ月間ブルゴーニュ大学のサマーコースに通いました。そのとき授業よりも何よりも、一番熱心に参加していたのがお料理エクスカーション。そこで教えてもらったきゅうりのサラダ2種。どちらもモリモリきゅうりが食べられる美味しいメニューです。

関連記事

  1. レシピ

    ラザニア

    材料(4人分)ラザニア(お勧めは下ゆでしなくて良いタ…

  2. ボジョレーヌーヴォーと楽しむレシピ

    レンズ豆のサラダ

    材料(4人分)レンズ豆(乾燥のもの)1カップソーセー…

  3. レシピ

    柑橘と貝柱のサラダ仕立て

    材料(作りたい分量で調整ください)グレープフルーツな…

  4. デザート

    ビュッシュ ド ノエル

    材料(22cm×30cmほどの型1台分)▼スポンジ生…

  5. ボジョレーヌーヴォーと楽しむレシピ

    豚ばら肉とレンズ豆の煮込み

    材料豚ばら肉 塊乾燥レンズ豆 300gドライトマト 5~6個…

  6. スパークリングワイン

    たけのことモッツァレラチーズのフリット

    材料(2人分)ゆでたけのこ 150gモッツァレラチー…

PAGE TOP