{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

ペネデス マルヴァジア 白

Penedès Malvasia - Vega de Ribes

<参考画像>
画像と実際の年度は一致しません。品名に表記がない場合、年度はご指定頂けません。実物と相違がある場合は実物を優先します。

ペネデス マルヴァジア 白

商品番号 48001
幻のぶどう、世界に1つの味

タイプ白ワイン

産 地スペインワインカタルーニャ

生産者スペインの生産者バルトラ家

内容量: 750ml(フルボトル) /品名:果実酒

原産国スペイン /輸入元:マヴィ株式会社

包装アイコン 包装は有料ですので別途ご注文ください。
>> ギフト包装ご注文ページ

¥ 5,050 消費税込 ¥ 5,555
[ 152 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 45

グラン ヴァンに匹敵

凝縮感があり、非常に余韻が長く続くタイプ。グランヴァンに匹敵する、存在感のあるワイン。豚肉、鴨といったメインの肉料理にも負けない力強さが魅力。熟成を重ねると、白ながらにジビエ(鳩、雉など)にも合うそうです。

ドメーヌ名の「ベガ」は、七夕の織女星(こと座で最も明るい星)として知られていますが、スペイン語では「肥沃な土地」という意味があるそう。

「リベスの星」、「リベスのいい畑」という2重の意味があるのです。ちなみに、星のベガは、未来的には地球から見た北極星になるとのこと。しかしそれは12,000年後。壮大なロマンを感じさせます。

ボトルもスパークリングを思わせるようなクラシカルで高級感のある特別仕様。

飲んだときの満足も相当なものですが、開ける前から、手にする前から想像力を刺激するネタは尽きません。

★ワイン通にもおすすめ


マルヴァジアって何?
~スペインでエンリック バルトラさんにインタビューしてきました~

使用品種のマルヴァジアは現在イタリアでよく見られる品種ですが、スペインのこの地方の土着品種でもあります。

ただし、現在そのマルヴァジアを栽培しているのは2軒だけ。バルトラさんのマルヴァジアは辛口ですが、もう1軒は甘口ワインしか造っていないので、辛口のマルヴァジアは世界で1つ。幻の品種といえるでしょう。もちろん、オーガニックも世界で1つ!

Q.マルヴァジアの由来を教えて下さい。

A.マルヴァジアの名前の由来は、ギリシャの地名から(モンエンバシア)。恐らく地名がついているという意味では、世界で初めてのアペラシオン(例:ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュ)と言えるのでは。マルヴァジアの中にも100種類くらいあり、ギリシア時代と同じものは、私が作っている「マルヴァジア デ シッジェス」と呼ばれるものです。

実際は、名前だけがマルヴァジアで似ても似つかないものがたくさんある。例えばマルヴァジア デ リオハ、マルヴァジア デ トロ、マルヴァジア デ サモラ、マルヴァジア デ ジル カナリアなどなど。イタリアのマルヴァジア ビアンカはほとんどミュスカにそっくり。本当はこういう品種に「マルヴァジア」の名前は使うのはちょっとおかしいかなと私は思います。

Q.何でそんなにたくさんの種類の「マルヴァジア」があるんですか?

A.マルヴァジアは、そもそも今のヴァンダンジュ タルディヴ(遅摘:晩秋~初冬の遅い時期に収穫して造る甘口ワイン)のような形で、本当に一粒ずつ選って収穫し、甘いワインでとても貴重なものとして流通していたのです。味わいも珍しかったので、「ワイン」と「マルヴァジア」、例えばワインとシェリーを別枠で考えるように、別のものとして扱われるほど特別なものでした。そういう特別な品種で、イメージがとても良かったので、各地で様々なぶどうがマルヴァジアと呼ばれるに至ったのです。

Q.そんなに人気のあるぶどうが、なぜ今は「幻の品種」となったのでしょうか。

A.他の欧州ぶどう同様、フィロキセラ(北米のぶどうと共に欧州上陸した虫。19世紀後半に欧州固有種のほとんどに壊滅的な打撃を与えた)でほとんど全滅してしまいました。人々が再びぶどうを植え始めた時、やはりまずは栽培が簡単で収穫量が高い品種が選ばれました。マルヴァジアは生産性が低く、何かと手間がかかり、うどん粉病にも弱いなどの理由から作る人がおらず、絶滅寸前になりました。

しかし、庭に数々の珍しい種類のぶどうを植えていたある裕福な紳士が、その庭を病院に寄贈することになりました。その時の条件が「これらのぶどうを作り続けること」だったのです。こういう経緯で、この希少なマルヴァジアも残っていたという訳です。その病院は我が家から4kmほど離れたシッジェスという町にあるのですが、話を聞いた途端、そんな大切な品種を絶やしてはなるまいと決意して栽培を開始しました。

Q.それは今からどれくらい前のことですか?

A.もう20年経ちますね。だから、うちのマルヴァジアは大体樹齢20年くらいです。この品種を復活させたことで、2004年にスローフード協会からPresidio(日本では「味の箱舟」と呼ばれています。ノアの箱舟のように、次世代にも残していかなくてはならないもの)という賞を頂きました。2006年にはイタリアで2年に1回開催されているサローネ デル グスト(スローフード協会主催の、珍しい食品が一堂に会する展示会)に出席し、パネルディスカッション等にもスピーカーとして参加しました。

Q.ベガ デ リベスのマルヴァジアの特徴を教えて下さい。

A.そもそものマルヴァジアはヴァンダンジュ タルディヴ(天然甘口ワイン)だったけれど、途中から酒精強化するポルトのような造り方をされていた時期もあります。私はアルコール添加はしたくないし、実がちゃんと熟すのは待つけれど、過熟はさせず、普通に食事中に飲める辛口ワインを造りたかったのです。それが私たち、ベガ デ リベスのマルヴァジアです。

このマルヴァジア デ シッジェス、今でも栽培している農家はたった数軒。マルヴァジア100%のワインを造っているのはわずかに2軒だけで、そのうちの1軒はアルコール添加の甘いものを造っています。もちろんオーガニックではありません。だから、マルヴァジア100%の辛口ワイン、しかもオーガニックを造っているのはこの世で私たちだけです。世界中で年間4500本しかありません。それも特徴といえるのではないでしょうか。

インタビューの感想

バルトラさんのマルヴァジアは、本当に本当に貴重なもの。知っている人しか飲めない、本当にすごいものです。もちろん、濃厚で肉と合わせても引けをとらない力強さ。スタッフの私が言うのもなんですが、この存在を知って輸入しているマヴィはすごい~!と素直に思いました。(2008年7月 長谷川)


【EU認証取得オーガニックワイン】

マヴィのワインは全て無農薬、無化学肥料、無除草剤で3年以上栽培し、遺伝子組み換えを使っていないぶどうから造られ、全て公的に認められた第3者機関の認証を取得しています。選定基準についてはマヴィのオーガニックワインをご覧下さい。

ぶどう品種

マルヴァジア

ワインに合う食材・料理

洋:パエリア、熟成した生ハム、ささみのチーズカツフライ 中華:ゆで豚の薄切り前菜、海老のから揚げ五香粉ソース

このワインの生産者

バルトラ家(スペイン・カタルーニャ)

認証は1981年カタルーニャ州CCCPAE

1540年から続くワイン農家で、現当主で20代目。当主はスローフード協会員で、現地では幻となった品種「マルヴァジア」のワイン造りに情熱を注いでいる。国費留学生として、アメリカの大学で醸造学を修めた努力家。

おすすめ商品

前へ
次へ

返品・交換について

商品の品質につきましては、万全を期しておりますが、万一不良・破損などがございましたら、商品到着後7日以内にお知らせください。返品・交換につきましてはこちらをご確認ください。

入荷お知らせメールについて

  • 入荷お知らせボタンを押下して、メールアドレスを登録してください。
  • 商品が入荷した際にメールでお知らせいたします。
  • 商品の入荷やご注文を確定するものではありません。