レシピ・読み物 >よくあるご質問

よくあるご質問

【質問一覧】

Q1. ビオワイン、自然派ワインとは違うのですか?

まず、ビオワイン、自然派ワインには明確な定義がありません。

日本語で言う「ビオワイン」とは、ビオディナミ(バイオダイナミック)やビオロジック(オーガニック)農法、またはその一部を取り入れた農法で造られたワインという意味で使われています。自然派ワインも同じです。これは、厳格な基準をクリアして初めて名乗れる「オーガニックワイン」と異なり、法的には何の規制もなく幅広い意味で使われています。つまり、どこでどう作られたかという履歴を「証明」することができません。言葉は悪いですが、「言った者勝ち」とも言えます。本当かどうかは消費者には判りません。

ビオディナミの手法を一部取り入れた「ビオワイン」、農薬を可能な限り使用しない「ビオワイン」("可能な限りって、どれくらい??")、オーガニック栽培のぶどうを使っていても着色料/香料/合成タンニン/遺伝子組み換えの酵母などなどを使っている「ビオワイン」…、「オーガニックワイン」ではこういったことは一切許されていません。

「ビオワイン」という表現には、なんとなくよさそうな響きがありますが、結局どの程度「ビオ」(元々は「オーガニック」を意味するフランス語、イタリア語)なのかは、私たちにはわかりません。「ビオワイン」とはフランス語(及びイタリア語)と英語の単語を組み合わせた、日本でのマーケティングの為の造語なのです。

だから、マヴィは、「3年以上、オーガニック肥料だけで土づくりし、化学肥料・農薬・除草剤を使用せずに栽培されたぶどうから造られ、EUオーガニック認証を取得した」本物のオーガニックワインだけを扱っています。また、マヴィでは、ぶどうがオーガニック栽培というだけではなく、醸造でも香料や着色料、合成酵素などの添加をしていないワインを厳選しています。保存料には昔ながらの二酸化硫黄(硫黄を燃やした気体)だけが、少量(日本の基準の1/3以下)使用されています。

とにかく、作り物ではない、「オーガニックな(本来の/本物の)」ワインにこだわっているのです!

ちなみに、フランス語のvin bio (=vin biologique、ヴァン ビオ)、イタリア語のvino bio (=vino biologico、ヴィーノ ビオ)は、本来オーガニックワインと同じ意味です。EU内で、それらの言語で正しく使われる場合には、オーガニックワインにしか使用できない言葉です。
ただし、これらも日本国内で使用する場合には法規制の対象外です。

↑このページのトップへ

Q2. オーガニックワインにも二酸化硫黄(SO2)が使われているのですか?

答えは「はい」。

まず、SO2は空気中に存在します。また、ワイン醸造過程でも発生します。そのため、人間が加えなくても、ワインの中には、元来SO2は存在しています。

しかし、SO2を人為的に添加することも、ワインを瓶詰めして流通するためには必要です。

ワインに対して、SO2には次の3つの役割を果たします。

  1. 殺菌作用(ワイン造りには好ましくない雑菌を排除し、腐敗を防ぐ)
  2. 酵母の働きを抑制する作用
  3. 酸化防止作用(SO2は水に溶けると、還元作用がある「亜硫酸」となるため、酸化を防ぐ)

ワインの中には糖分が残っていて酵母が生きています。その働きを抑制しないと、僅かな温度変化で活性化して炭酸ガスを発生し、ワインが吹き漏れたり、瓶が割れてしまうことすらあります。実際、SO2の含有量が非常に低いワインは、定温輸送中、また到着後の定温保管中に、酸化などの品質劣化が起こる例もあります。そのため、10℃台の温度管理をしていても、ある程度の量のSO2は不可欠なのです。

ただし、オーガニックワインに使用されるSO2の量は一般のワインに比べると極めて微量です。

ワイン1リットル中の亜硫酸塩含有規制値

ワイン種類EUオーガニックワイン
(残糖分が1リットルあたり2gを超えない一般的な辛口ワインの場合)
一般ワイン
赤ワイン100mg350mg
白・ロゼワイン150mg350mg
その他のワインEU一般ワインより30mg以上少ないこと(甘口白の特定ワイン400mg)

(規定(EC) No 606/2009付則I BのパートAのポイント1(a)、(b)、2010年8月1日付規定(EC) No 606/2009の付則I Bより)

SO2は、ヨーロッパではワイン醸造において伝統的に使われてきたものです。オーガニックワイン造りでも、瓶詰めの際などに少量使用されています。
よく、「一般のワインを飲むと頭が痛くなるけど、マヴィのワインでは平気」というご感想を頂きますが、このSO2の量の違いも原因の1つと考えられています。

>>>詳しくは、オーガニックワインの本をお読み下さい。

↑このページのトップへ

Q3. 無添加ワインはありますか?

マヴィは無添加ワインは取り扱っていません。上のA2に書きましたように、ワインの流通にはSO2が必要だからです。

しかし、実際のところ、「無添加ワイン」はスーパーなど色々なところで目にすることが出来ます。無添加ワインにはSO2を使わない代わりに、

  • 酵素で発酵をコントロールしたり、
  • ミクロフィルター(非常に目の細かいフィルター)で雑菌や酸化で変質する物質を除去したり、
  • 加熱処理をして酵母を殺してしまったりします。

ワインは、生き物で、瓶詰め後もボトルの中で酵母は活動しています。様々な成分が複雑に影響しあい、少しずつ変化して熟成していくものです。それらの成分を、「無添加」にするための処理をして、取り除いてしまったものは、もはやワインとは呼べません。実際、ワインを伝統食品とするフランスでは加熱殺菌は行えません。

ただし、タンニン分が非常に多い場合などは、SO2を添加しなくても、流通が可能な場合もあります。

>>>詳しくは、オーガニックワインの本をお読み下さい。

↑このページのトップへ

Q4. オーガニックワインの保管方法は?

A4.理想的な状態は、10〜18℃の一定の温度で(温度変化が少ない)、湿度が65〜80%。

◆ ワインセラーのある方は、セラーに寝かせて保存。
◆ ワインセラーの無い方は、夏はワインを新聞紙で包み、冷蔵庫の"野菜室"に寝かせる(2週間程度ならこれでOK)。その他の季節は日の当たらない涼しい場所(玄関収納、押入、階段下等)に寝かせる。

注1) 季節を問わず、ワインは安定した温度で保存して下さい。
注2) 夏季は冷蔵便便でお届けしていますが、そのワインを暑いところに置いてしまうと、劣化する上に、温度差で瓶内の液体(ワイン)が膨張してコルクから液漏れすることがあります。
注3) ワインはコルクから呼吸をしています。強い香り・ナフタレンなど防虫剤の香りはワインに移ってしまいますので、お気をつけください。
注4) (針金で留めていない)通常コルク栓の微発泡ワインは30℃以上の高温に置くとワインの劣化に加えコルクが抜けてしまうことがあります。必ずワインセラーまたは冷蔵庫に保管してください。

保存に適した場所がない場合、お手元に届いたワインはできるだけ早くお飲みいただくことをお勧めいたします。

お手頃価格でおしゃれなセラー「デバイスタイルのエンジェルシェア」も販売中。

↑このページのトップへ

Q5. 飲みきれなかったワインの保存方法、活用方法は?

保存方法

ビンにコルクをして、冷蔵庫に入れ、できるだけ早くお飲みください。一旦栓を開けると、ワインの酸化が始まってしまいます。コルクではなく、専用の栓(ビン内を真空に近い状態にし、酸化を防ぐもの。マヴィで販売しています)を使うと、より長く状態を保つことができます。

活用方法

それでももし、酸っぱくなったりして味が悪くなってしまったら、お料理に使ったり、お風呂に入れたりしてお楽しみ下さい。
ワインを使ったレシピ集へ

↑このページのトップへ

Q6. ビンの中に小さい粒や塊があるのですがこれは何ですか?

ビンの中に、黒っぽく色がついた固まり(澱)や、透明な粒々(酒石)が入っていることがあります。これらビン内に見つかる澱・酒石の発生は、大量消費用につくられたワインには起こらない、言ってみれば樽からそのままやって来たワインにのみ起こる現象です。ワインの様々な成分や酵母などに由来するもので、「異物混入」ではありません。特に無濾過のワインの場合、細かい澱が入っていることは良くあります。これらは味や健康に影響するものではありませんので、ご安心ください。

処理の仕方:ビンを立ててしばらく置いておきますと、澱はビン底のへこんだ部分に溜まっていきます(そのために底がへこんでいます)。最後の一杯を注ぐ時に澱が入らないようにお気をつけください。 ビンを寝かせて保存していた場合、瓶の口にあたる部分(内側)に澱がたまることもございます。そういったものは布やティッシュなどでふき取っていただければOKです。

↑このページのトップへ

Q7. 輸送後どれくらい休ませたら美味しく飲めますか?

ワインはとてもデリケートな飲みものです。輸送にも大変弱く、配送直後の疲れたワインは味も落ちてしまいます。お手元に届いたワインはいったん冷暗所で休ませてからお飲みいただくことをお勧めいたします。ワイン毎にデリケートさには差がありますので、ワインによってはすぐに飲んでもそれほど味が変わらないものもありますし、2〜3日は置いていただいたほうがいいものもあります。

安全策を取って、(特にパーティや何かの記念でお飲みになられる時は必ず!)ご使用予定日よりも何日か前にお手元に届くようご注文いただけると、ワインとしてもマヴィとしても嬉しいです。

↑このページのトップへ

Q8. ワインの年度が書いてありませんが指定はできますか?

マヴィでは一部の商品を除き、通常ワインの年度(ヴィンテージ)を表記しておりません。
マヴィは少量生産農家より直接ワインを買い付けており、あるヴィンテージが終わると次のヴィンテージに切り替わります。そのため在庫によっては同じ輸送ロットに2年分のヴィンテージが混ざってくることもあります。
ワインは年毎に特徴がありますが、同じ年でも生産ロットごとに個性が違うこともあります。これが小さな生産者(農家)のワインのおもしろさで、香料などで補正をするワインにはこのようなことはありません。
一般にワインの販売ではAOCとヴィンテージが強調されます。よく知られたAOCの良い年のワインは高く取引されます。
しかし、ワインの美味しさは「特徴を持っているかどうか」、と「熟成がどのくらいか」、の2点にのみかかって来ます。AOCもヴィンテージも表記ではなく、「飲んでみる」ことでしか判断できません。

そのため、マヴィでご提供するワインの年度は、次々と切り替わって行きますので、通常はご指定を受けておりません。
ワインの瓶ごと、年毎のそれぞれの特徴や違いをお楽しみいただければと思います。

↑このページのトップへ

Q9. スパークリングワインを上手に開けるコツは?

ポイントは…

  • こぼさない/吹きもらさない
  • 静かに開ける

★用意して欲しいもの:トーション(清潔なフキンやタオル)

こぼさない/吹きもらさない

これはある程度下準備で解決できます。

答えは、

「しばらく静かに冷やしておく」

ワインクーラーに氷と水をたっぷり入れれば、室温にもよりますが、30分〜1時間程度で十分です。
冷蔵庫であれば1-2時間は必要。

ワインの温度が高いと吹き零れしやすいのでご注意下さい。

あわせて、「安置」も大切。

買ってすぐ、その袋をぶんぶんぶら下げて、到着後すぐ開ければ、冷えていても吹きやすくなります。
パーティなどに持参する場合は、出来れば開けるその場には早めに到着し、最低でも1-2時間冷蔵庫に立てて*置いておくと安心。またあまり揺らさずに、そっと運ぶように心がけるのもポイント。

* 立てると澱(塊になったワイン成分)が瓶底に溜まり、グラスに入るのを防ぎます。

どうしても時間的にそれが無理で結果的に吹き零れてしまったら、慌てずに瓶を少々傾けて、トーションで吹いてくるワインを受けながら、しばらく待ちましょう。
ちょっとすれば収まります。

静かに開ける

手順1:キャップシールをむく

ソムリエナイフで切り取ると綺麗にできます。

手順2:コルクを抑える針金を外す

ねじってある部分をゆっくり反対向きにねじり、緩めます。
この針金を取っただけでコルクがポーンと外れることがありますので(特に冷えが足りない時)、針金を緩める利き手とは反対の手をコルクにかぶせて押さえながら。

※ここで、針金を取ってしまってもいいのですが、握力に自信がない方は針金は緩めるのみにして、コルクから外さないでおきましょう。
そうするとコルクを回すときに引っ掛かりが出来て、より簡単になります。

手順3:コルクを外す

瓶をやや斜めに傾け、コルクの上にトーションをかぶせ、(素手でもOKですが手が痛くなるかも)
その上から、「浮き上がってくるコルクを抑えるように」手にしっかり力を入れながら小刻みにコルクを左右に回転させます。 少しでも動き出すと、自然とコルクが上がってきます。
そうなったらよりいっそう手に力を加えて下からの衝撃に備え、少しずつコルクが上がってくるようにします。
もう少しで開くとなったら、ごく静かに軽くコルクを斜めにし、コルクと瓶の隙間から瓶内の気圧をスッと抜くようにして、外します。

※コルクの勢いに任せるのではなく、手にしっかり力を入れて出来るだけゆっくり静かに。

ここでもし吹きこぼれてしまったら、慌てずにやや瓶を傾け、トーションでこぼれた液体を拭いて、収まるのを待ちましょう。

番外編:どうしてもコルクが硬くて/コルクが折れて絶対に抜けない時

キノコ状になっているコルクの頭の部分を切り落とすかぽきんと折って、ソムリエナイフのスクリューを使って開けます。

※コルクに勢いがあり危険なので十分に気をつけて!裏技ですので自己責任でお願いいたします。

↑このページのトップへ

Q10. 一年中冷蔵便便を指定できますか?

基本的に夏季以外冷蔵便便は使用しておりませんが、お客様のご希望があればご指定いただくことは可能です。
その場合、送料は300円(+消費税)の割り増しになります。13000円(税抜)以上ご購入の場合も、別途300円(+消費税)を申し受けます。
>>送料について

マヴィでは、デリケートな商品に対するダメージを避けるため、夏季はすべて冷蔵便便で発送しております。

冷蔵便便の場合、ワインにとっては低すぎる1〜5℃での配送になります。
ワインにとっての適温は10℃台です。
夏季はトラック輸送ですと40℃近くまであがってしまうこともあり冷蔵によるダメージをはるかに超える悪影響があるため、冷蔵便便を採用しています。

また、冷蔵便便でお送りした場合は、商品到着後、速やかにワインセラーや冷暗所に保管していただくようお願いいたします。急激に温度が高いところにおきますと、液体と外気の温度差でワインがふきこぼれるなどのダメージが加わります。

↑このページのトップへ

マヴィ<オンラインショップ>年末年始の出荷スケジュール


カートの中身

こちらには税込価格が表示されます。
13,000円(税抜)/14,040円(税込)以上で
送料無料になります。

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団