> ワインと合う料理レシピ集 > ヨーロッパのおいしい家ごはん > ジャガイモとおマメのおつまみ


ヨーロッパのおいしい家ごはん〜ワインが美味しい、みんな幸せ〜

女の子の大好きなジャガイモとマメを使って
お手軽でおいしいおつまみ2種

パリオーガニックマルシェのさまざまなかぼちゃ

パリオーガニックマルシェのさまざまなかぼちゃ

近所の散歩道の桜の枝は、つぼみがずいぶん膨らんできて、いかにも「もうすぐ」な感じになってきました。フランスに1年以上暮らしたとき、実は一切ホームシックになることはなかった私が、唯一「あー、日本に帰って見たい」と思ったのが桜なほど、桜にはどうしようもなく反応してしまう私。DNAに刻み込まれているとしか思えないほどです。これからの季節は本当に楽しみ〜です。

さて、関西では割とよく聞くというか、居酒屋さんの名前にもあったりしますが、「いも・たこ・なんきん」って聞いたことありますか?元々は江戸時代の浮世草子作家、井原西鶴の一節に【とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋蛸南瓜】と書かれたところからきているのですが、女の人が好きなものなんだそうです。ちなみにご存知の方も多いと思いますが、「南瓜(なんきん)」はかぼちゃのこと。私の場合、ずばり当たっていて面白いのですが、これに豆も加わって、好き!という女性は多いのではないでしょうか。

ジャガイモを使ったシェパーズパイ

ジャガイモを使ったシェパーズパイ

たこはスペインやギリシャなどでは料理に使われますが、フランスではまだまだ。けれども「いも」「なんきん」そして「豆」はとても良く使われます。「いも」はもっぱらジャガイモで、サツマイモはまだそんなにお目にかかりません。アフリカからやってきたオレンジ色のものが出てきてはいるものの、日常的に使っている人は少ないと思います。一方ジャガイモはメインの付け合わせとしてグラタン、ピュレ、ソテー、蒸して、ゆでて、揚げてと調理法もさまざまに、本当によく食べられています。もちろん前菜として使用されることも多々あります。

それに比べると「なんきん」の登場比率はぐっと少ないかも。それでも上記のような調理法はジャガイモをかぼちゃに入れ替えるだけでまた違った味わいになってとてもおいしい。かぼちゃはスープやコロッケ、マリネなどにしても良いですよね。あの形を活用して、中をくり抜いて詰め物を作ったり、パンプキンプリンやパンプキンパイなどお菓子としても活躍してくれます。日本では皮が深緑で中がオレンジがかった黄色のタイプが主流ですが、あちらでは馬車になりそうといったら大げさですが、オレンジの皮で、スイカよりもさらに大きいようなサイズのものから、日本のかぼちゃサイズだけどやはり皮がオレンジのもの、最近日本でも出てきたバターナッツと呼ばれる、細長いタイプのものとちょっと思い起こしただけでもいろんな種類があります。水分の多さや味わいが違うので、料理に応じて選ぶ感じですね。

パリビオマルシェでヒヨコマメの粉のギャレットを作るおじさん

パリビオマルシェでヒヨコマメの粉のギャレットを作るおじさん

そして豆。このコラムでも何度も登場していますが、フランスのお料理によく登場する三大マメと言えば、レンズマメ・ヒヨコマメ・プチポワ(えんどう豆)でしょうね。白いんげんマメもかなりよく使われるものなので良い勝負かな?煮込みやサラダ、スープなどで食べることが多いですが、レンズマメはベジタブルパテになったり、ヒヨコマメは粉が売られていて、その粉を小麦粉代わりに使ったりもします。ヒヨコマメの粉を水で溶いて固めたもので、それを揚げたりオーブンやフライパンで焼いたりして食べるパニスと呼ばれる食べ物もあります。

というわけで、今日は手軽にささっと作れるワインのおつまみ、ジャガイモ編とマメ編をご紹介。マメはマヴィのスタッフがキッチンにあったものだけで気づいたら出来ていた、というくらいあっという間に作ってくれたものの応用版。ワイン好きのマヴィスタッフはお料理好きも多いのです。


【ジャガイモとツナのブランダード風】材料(2〜3人分)

出来上がり

  • じゃがいも 中サイズ1〜2個
  • ツナの缶詰 80g(一番小さいもの)
  • にんにく 1/2片
  • 豆乳もしくは牛乳 大さじ2杯程度
  • 塩、こしょう
  • パプリカ粉末少々

つくり方

  1. ジャガイモは皮をむき、1cm角に切って(火を通しやすくするため小さめにカット)、十分な量の水、塩小さじ1杯分くらいとともに鍋に入れゆでます。
  2. 竹串などでさしてみて、十分に柔らかくなっていたら火を止め、水を切り、ボールに移してフォークなどでつぶします。
  3. [2]に油を切ってほぐしておいたツナ、すりおろしたにんにく、豆乳または牛乳を加えよく混ぜます。
  4. 滑らかになったらできあがり。味を見て足りなければ塩、こしょうで調節します。また上記の分量では滑らかにならない場合は、豆乳または牛乳の量で調節してください。器に盛って、粉末のパプリカを飾りにふりかけます。

※ジャガイモ好きな方はいもを多めに、ツナメインで行きたい方はジャガイモの量を減らしましょう。お好みで生クリームや粉チーズ、クリームチーズなどを加えてもまた違った味わいになります。

合うワイン:シャルドネ マヴィ特別限定仕込 白、ガール白(終売)、シャルドネブレンド 白ヴァール白ヴァールロゼコートドプロヴァンス白コートドプロヴァンスロゼコート カタラン (樽熟) 白シャグリュ 白ブルゴーニュ アリゴテ 白

【3種のマメのオーブン焼き】材料(2〜3人分)

出来上がり

  • ミックスビーンズ(ヒヨコマメ、えんどうまめ、レッドキドニーなど)の缶詰 1缶
  • パン粉 大さじ1杯
  • 塩、こしょう
  • オリーブオイル 大さじ2杯
  • クミンの粉末もしくはタイム、オレガノなどのハーブ少々

つくり方

  1. オーブンは180℃に温めておきます。
  2. 缶詰からマメを取り出し、ざるにあけて熱湯をかけます。
  3. 耐熱皿にマメを入れ、塩、こしょう、クミンの粉末もしくはタイム、オレガノなどのハーブ少々、そしてオリーブオイルをかけてよく混ぜます。
  4. 上からパン粉をふりかけ、オーブンに入れて15分焼いてできあがり。

※クミンならエスニックな感じに、ハーブなら南仏風のイメージに仕上がります。そのときの気分で選びましょう。ガーリックが好きな方はみじんぎりにしたものか、粉末ガーリックを加えても美味しいです。

合うワイン:シャトー ド ルー ロゼヴァールロゼコスティエールドニームロゼLW ツヴァイゲルト&ポルトゥギーザー 1L ロゼシャルドネ(樽熟) 白ペネデス ソーヴィニヨン ブラン 白モンフェッラートソーヴィニヨンブラン 白アルザス エデルツヴィッカー 白

2012年4月2日

<<メニュー一覧に戻る

hiroyo

1998年にフランスで1年間生活し、複数のオーベルジュでフランス家庭料理をみっちり仕込まれる。
その後も毎年最低1回3ヶ月はフランスを訪れている。
フランス滞在時はオーガニック農家民宿(通称「山の家」)で料理人として働くプロ。
作る料理はもちろん美味、ワインにぴったりです。


>>レシピ集ページへ戻る

↑このページのトップへ


ボジョレー ヌーヴォー 2017 予約 通販


秋の味覚と楽しむワインセット




価格別・タイプ別ワイン検索

スマートフォンで検索

味わい
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団