> ワインと合う料理レシピ集 > ヨーロッパのおいしい家ごはん > マッシュルームのスープ


ヨーロッパのおいしい家ごはん〜ワインが美味しい、みんな幸せ〜

秋の夜長を豊かにしてくれる
マッシュルームのスープ

こんなきれいな山の中できのこ狩り

きれいな山

いよいよ本格的な秋突入。食卓を彩る食材も、サンマ、秋なす、かぼちゃ、さつまいも、ぶどう、柿、梨、栗…と秋を満喫できるものがたっぷりですね。

秋になると、山の家ではよく近隣の山(ともかく家は前後左右山に囲まれていますから…)でキノコ狩りをするようになります。少し雨が降った翌々日あたりがキノコが一番たくさん顔を出すので、そんな時はすかさずご主人のロブ、息子のダビッドが、まるで赤ずきんちゃんがお祖母さんの家に食べ物を入れて持っていったようなかごを下げて(何だか妙にかわいらしいです)、よく取りに行っていました。量がたっぷり取れたら、ビン詰めの保存食にしたりもしますが、大抵はその日のうちにさっとソテーして食べてしまいます。これぞ秋だけの本当に嬉しいひとときです。

セップのソテー(左上)

セップのソテー

山の家の近くで取れるキノコは、通称プチグリなどと呼ばれる比較的簡単に取れるもので、高級品でもないのですが、秋になるとフランス人たちが待ち焦がれるキノコは、セップと呼ばれる黄色い香り高いもの。もちろんその他のフレッシュなキノコたちも秋のマルシェや八百屋さんの店頭にはたくさん並びますが、フランス人たちが「秋になったら必ず食べないと…」と舌なめずりするのはやっぱりこのセップが一番でしょう。


巨大キノコ(大きさ比較1:携帯と)

巨大キノコ1

一度山の家のお客様が、体験パラグライダーをした時に、「空から見えるくらい大きかったんだ!これは食べられるキノコなの?しかも有名シェフが珍味として紹介してたあれじゃないかな〜?」と言いながら、マッシュルームが何百倍にもなったような真っ白の巨大キノコを持って帰ってきてくれたことがあります。そのときのみんなの驚きよう、そして大笑いしたことと言ったらいまだに忘れられません!

巨大キノコ(大きさ比較2:人の手と)

巨大キノコ(大きさ比較2)

その大きさは半端ではないんです。余裕でヘルメットくらいの大きさはあります。けど、そんなものが野山に生えているイメージなんてできないと思うので、比較した写真をぜひ見てみてください。すごくないですか???もちろんこんなの食べられるわけがない、と思いきや、キノコ辞典で調べると立派に食用可だと書いてあり、まさにお客さんが「有名シェフが珍味として紹介してたアレ」だった可能性が非常に高いようなのです。俄然みんなやる気になり、ざくざくと切り(といっても、一切れが食パン4分の1くらいになり、どう考えてもキノコというイメージではないんですが・笑)、軽くにんにくと確かちょっとカレー粉を加えてソテーしてお客さんも含めてみんなで食べてみることにしました。……が、残念ながら決して美味しいものではありませんでした。大味というか、キノコ独特のいい出汁が出るあの香りや旨みがまるでなく、水分も多くて、ちょっと悲しい結果になりました。その有名シェフがどう調理されたのかがわかれば良かったのですが、未だに実際はどうだったのかわかりません。。。

なかなか、野生のキノコは簡単に入手できないのですが、しいたけやエリンギ、まいたけ、シメジ、そしてマッシュルームと一般的に使われるキノコは年中手軽に手に入って、とても便利です。今日は秋の夜長にぴったりの、香り豊かなマッシュルームのスープをご紹介します。


材料(3〜4人分)

出来上がり

  • バター 30g
  • たまねぎ 1個
  • ブラウンマッシュルーム(なければホワイトでも) 20〜25個くらい
  • 小麦粉 大さじ2杯
  • 水もしくは野菜のブイヨン 250cc
  • 牛乳 1/2リットル
  • 生クリーム 大さじ2杯
  • 塩、こしょう
  • お好みで、飾り用にキノコのソテー、パセリのみじん切り、砕いたナッツ類など

つくり方

  1. たまねぎ、マッシュルームはみじん切りにしておきます。
  2. 鍋にバターを溶かし、たまねぎを入れてよく炒めます。マッシュルームも加え、軽く塩・こしょうしてさらによく炒め、ふたをして弱火で15分ほど火を通します。
  3. 火にかけたまま、木べらで材料をしっかりと混ぜながら小麦粉を振り入れ、よく混ぜます。
  4. [3]にブイヨン、続いて牛乳を加え、時々混ぜながら中火の弱火でさらに煮込みます。
  5. 液体が沸騰してきたら火を弱め、さらに15分、吹きこぼれないように気をつけながら煮込み火を止め、必要に応じてミキサーにかけます。(食感の好みで選んでください)
  6. 食べる直前に生クリームを加えて、好みの飾りを添えていただきます。

※ マッシュルーム好きにはたまりません。キノコの旨み、香り、そしてクリーム。秋から冬にかけて、何度も食べたくなる手軽さとおいしさです。

合うワイン:シャルドネ(樽熟) 白ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ 白アルザス ピノ グリ 白ペネデス ソーヴィニヨン ブラン 白モンフェッラート ソーヴィニョン ブラン 白

2011年10月17日

<<メニュー一覧に戻る

hiroyo

1998年にフランスで1年間生活し、複数のオーベルジュでフランス家庭料理をみっちり仕込まれる。
その後も毎年最低1回3ヶ月はフランスを訪れている。
フランス滞在時はオーガニック農家民宿(通称「山の家」)で料理人として働くプロ。
作る料理はもちろん美味、ワインにぴったりです。


>>レシピ集ページへ戻る

↑このページのトップへ


ボジョレー ヌーヴォー 2017 予約 通販


秋の味覚と楽しむワインセット




価格別・タイプ別ワイン検索

スマートフォンで検索

味わい
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団