> ワインと合う料理レシピ集 > ヨーロッパのおいしい家ごはん > プロヴァンス風グジェール


ヨーロッパのおいしい家ごはん〜ワインが美味しい、みんな幸せ〜

ブルゴーニュの定番おつまみアレンジ編
プロヴァンス風グジェール

ハーブの芽

先日、ちょっと遅ればせながら、ルッコラ・バジル・パセリの種をまきました。
オーガニック農場での農作業も何度も体験しているのに、こんな簡単なものとはいえ、自分で種をまいて育てるのは初めて!あっという間に芽を出したルッコラ、ちょっとのんびり屋さんのパセリとバジルなどという違いもわかったりして、毎日すくすく育つ小さな命たちを眺めながら目を細めている今日この頃です。

このコラムを読んでくださっている皆さんは、きっとお料理するのが大好きか、もしくは少なくとも食べることに関心が高い方でしょう。ついでに言えば、ワインのサイトなので、“ほぼ間違いなく”飲むことも大好きなはず。

ワインが水と全く同じように、食卓の飲み物として存在するフランスの日常の食事と違い、日本では多くの皆さんが、ワインを飲まれるときには「今日はあのワインを開けるから、何かそれに合う料理を」と思って食卓を整えられることと思います。もちろん逆もあって、料理を作りながら、またできあがった料理を見ながら「あらせっかくだから、あのワインを開けようかしら」なんてこともあるのではないでしょうか。
飲むためのつまみか、はたまたつまむために飲むのか…。どっちにしても、あまりがんじがらめに、料理とワインの相性に縛られるのではなく、楽しく準備して、美味しく頂けるのが何よりですよね。フランス人を見ていると気楽に作ったいつものごはんに定番ワインで毎日の食卓を、そしてお客さんが来たり、ちょっと張り切ったときには日常と違うワインを開けて、今後そのワインを買うかどうかの評価をしているような気がします。これはいける!となったら、お気に入りが1つ増え、セラーの在庫に一品加わるというわけ。

ワインと食事基本的にワインは食事と楽しむのがフランス流ですが、それでも「定番つまみ」のようなものも存在します。それが活躍するのがアペリティフ。ホームパーティなどで人が集ったり、お客様があるときなどは必ず、そうでないときも突如気が向いたら、食事の前にスパークリングワインリキュール類を使ったカクテル、また香りの良い白ワインロゼワイン貴腐ワインなどなどと簡単なおつまみとともに、食事前の会話を楽しむというもの。知らない人同士を紹介したり、同じ食卓につくメンバーのバックグラウンドをざっくりとつかんだり、とりあえずアペリティフで集まって、後は三々五々食事に外へ繰り出したりと形はいろいろですが、気軽に人と人が知り合えて打ち解けられるなかなか有効かつ楽しい時間です。

アペリティフのつまみはそれこそ、ナッツやオリーヴ、市販のアペリティフ用クラッカーのような、袋や缶を開けてお皿に出すだけ、というようなごく手軽なものもありますが、手作りの一品が出てくるとやはり嬉しいもの。今日はそんな定番つまみのひとつグジェールをひとひねりしたレシピをお届けします。普通のグジェール(チーズが入ったもの)は、ブルゴーニュの名物。ブルゴーニュのカーヴを訪れると試飲の際にもよく出してくださったりします。昨年からお付き合いの始まったペルチエ家のグジェールはいつもほかほかで、本当に美味しいんですよ!

材料 1口サイズ約40個分

できあがりの図

  • 小麦粉 150g
  • バター 100g
  • 水 150cc
  • 塩 少々
  • 卵 5個
  • ドライトマト 5〜6個
  • アンチョビ 5尾
  • お好みで、タイム、ローズマリー、オレガノなどドライハーブ少々

つくり方

  1. ドライトマトはお湯で軽く戻しておきます。オイル漬けのものを使ってもOKです。アンチョビとともにミキサーかフードプロセッサーにかけておきます。ない場合は、細かくみじん切りにしておきます。
  2. 鍋にバターと水を入れ、火にかけバターを溶かします。
  3. バターが溶けて沸騰してきたら、粉を加え、木べらを使ってよく混ぜます。一塊になってきて、底から外れるようになったら火からおろします。
    生地をまぜる
  4. 卵を1つずつ割りほぐして[3]に加えていきます。必ず卵一個分加えたら、完全に生地に混ざるまで木べらでよく混ぜ、その後次の一個を加えるようにしてください。
  5. 卵が全部よく混ざったら、[1]のドライトマトとアンチョビを加えさらによく混ぜます。ちょっと味を見てみて、必要であれば塩を加えてください。
    さらにまぜる
  6. オーブン皿の上にオーブンシートを広げ、隣同士の間隔をあけて、絞り袋に入れてしぼり出すかもしくはスプーン2個を使って、丸い形にして並べます。
    成形して並べる
  7. 190℃のオーブンで20〜30分焼いてできあがり。

※普通はトマトとアンチョビの代わりに溶けるタイプのチーズが加わります。生地を半分に分けて、片方ずつ違う味にしても良いですね。
※オーブンの代わりに、火加減に気をつけながら、厚手のフライパンでふたをして焼いても大丈夫です。

合うワイン:シャルドネ マヴィ特別限定仕込 白シャルドネブレンド 白ヴァール 白ヴァール ロゼコート ド プロヴァンス 白コート ドプロヴァンス ロゼシャトー ド ルー 白シャトー ド ルー ロゼ、コスティエールドニーム白(終売)、コスティエールドニームロゼ(終売)

2011年4月18日

<<メニュー一覧に戻る

hiroyo

1998年にフランスで1年間生活し、複数のオーベルジュでフランス家庭料理をみっちり仕込まれる。
その後も毎年最低1回3ヶ月はフランスを訪れている。
フランス滞在時はオーガニック農家民宿(通称「山の家」)で料理人として働くプロ。
作る料理はもちろん美味、ワインにぴったりです。


>>レシピ集ページへ戻る

↑このページのトップへ


生産者訪問ツアーと同時開催!訪問8生産者のお買い得ワインセット


夏のスパークリングワイン特集 2017




マイメニュー



価格別・タイプ別ワイン検索

スマートフォンで検索

味わい
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団