夏バテにさようなら!おすすめ アジアン「涼」レシピ

ベトナム料理でクールダウン

暑い夏におすすめ・・・。

なぜなら体を涼しくするから!

今回ご紹介するのは、熱帯気候にあるベトナムの知恵が詰まったレシピです。
ここ日本では30℃を超えれば真夏日、35℃を超えれば猛暑日といいますが、南部の都市ホーチミンの年間平均最高気温は32.3℃。30℃を下回る月はありません。
北部の首都ハノイでも27.3℃。5ヶ月以上は30℃越えが続きます。
暑いときは40℃を越すとか。

温帯気候から亜熱帯化しているのでは?という近年の日本です。暑い国に学び、食から「涼」を得ましょう。

(レシピ提供:島田孝子さん

エビと白木クラゲの彩りサラダ

前菜や箸休めになります。コリコリ・プリプリ・サクサク・プチプチな食感も楽しく、白と緑をベースに赤のアクセントが入る涼しげな色と、清涼感溢れる大葉の香りをプラスしたさっぱり涼しい和え物です。大葉(しそ)の香り成分には殺菌作用、防腐作用、食欲増進、消化促進、健胃作用、整腸作用などがあります。また、血糖値上昇を抑え、血液をさらさらにするなど、夏バテにも効果があります。漢方では気剤といって、精神安定にも処方されます。大注目のハーブなのです。
また、長芋は食物繊維が豊富なので美容効果大です。

レシピ

材料(4人分)

  • エビ 8尾
  • 白木クラゲ 10g
  • にんじん 1/2本
  • きゅうり 1本
  • 大葉 5枚
  • 長芋 60g
  • 白ごま 適量
  • 香草(パクチー) 適量
  • ドレッシング
    • ヌクマム 大さじ2
    • 砂糖 大さじ1
    • レモン汁 大さじ2
  • にんにく油(にんにく1/2片をみじん切りにしたものとサラダ油大さじ1を加熱)
料理画像

手順

  1. エビはお酒を加えたお湯で色が変わるまで茹でる。
  2. 白木クラゲはさっと洗い、水につけてもどす。
    にんじん、きゅうりは千切りし、塩もみをしてから洗い、水気をしっかり絞る。
    長芋は皮をむいて千切りにして水にさらしておく。
    大葉も千切りにしておく。
  3. ドレッシングを合わせ[1]と[2]とにんにく油を加えてよく和える。
  4. 仕上げに白ごまを散らし、パクチーを飾る。

合うワイン

  • ヴァール ロゼ
    ベトナム料理と相性抜群
    詳細&ご注文
  • ペネデス白
    飲み応えあり!トロピカルな香り
    詳細&ご注文
  • コート カタラン (樽熟) 白
    シーフードには絶対外せない
    詳細&ご注文

ゴーヤのスープ煮

旬の季節に食べるゴーヤは栄養満点です。血をきれいにし、血糖値やコレステロールを下げ、がん細胞を抑制。さらにストレスや疲労回復に効果のあるビタミンCが豊富で、体の余分な熱を抑制する優れもの。そのほかのミネラルも抜群です。
挽き肉を詰めてスープで煮込み、暑い夏でもあっさり食べられます。熱々でも冷たくてもおいしいのがポイント。
さらに煮込まずにスープが取れるので、キッチンも暑くなりません!

レシピ

材料(2〜3人分)

  • ゴーヤ 1本(15儖未里發)
  • 豚挽き肉 150g
  • 調味料・具材
    • 春雨(もどしてみじん切り) 10g
    • キクラゲ(みじん切り) 7g
    • 玉葱(みじん切り) 30g
    • にんにく(みじん切り) 1ヶ
    • 塩・胡椒 適量
    • 水溶き片栗粉 大さじ1〜
  • スープ
    • 干しえび(お湯100ccでもどしておく) 10g
    • 干し椎茸(お湯100ccでもどしておく) 2枚
    • 水 250cc
    • ヌクマム(またはナンプラー) 大さじ2〜
    • 塩・胡椒 適量
    • 砂糖 小さじ1
料理画像

手順

  1. ゴーヤは3冑の輪切りにカットし、種を取り除く。
  2. 豚挽き肉は調味料・具材を加えてよく混ぜ合わせ、[1]のゴーヤに詰める。
  3. スープを作る。
    大きめの鍋に、水・干しえび(戻し汁ごと)・スライスした干し椎茸(戻し汁ごと)・ヌクマム・塩・胡椒・砂糖を加えて沸かす。
  4. [3]の火を止めて、[1]をなるべく重ならないように加え、20分程火にかけ、ゴーヤが柔らかくなるまで煮る。
  5. 最後に片栗粉でとろみをつけて完成。

合うワイン

  • ヴァール ロゼ
    ベトナム料理と相性抜群
    詳細&ご注文
  • ヴァルドロワール 赤
    果実味がゴーヤの苦味を和らげます
    詳細&ご注文
  • シャランテ 赤
    野菜料理用赤の定番
    詳細&ご注文

※赤はどちらも軽く冷やして美味しく飲めます。

島田孝子さん

プロフィール写真アジア各国を旅し、なかでもベトナムにひかれ現地にて料理を学ぶ。料理・パン教室で講師を務めるかたわらアジアの食文化を勉強。調理師でもあり日本ベジタブル&フルーツマイスター協会認定 ベジタブル&フルーツマイスター(通称、野菜ソムリエ) 野菜・果物をアジア食に取り入れ、より健康で豊かな食ライフスタイルを提案していきます。
現在は、ベトナム料理を中心に、野菜をメインにした食材豊かなアジア料理を伝えていきたいとの思いから、下北沢Vi-sandにてシェフとしてベトナムサンドイッチ・バインミーやベトナム料理を提供中

↑このページのトップへ

暑い季節を快適に〜納涼国産グッズ

↑このページのトップへ



マイメニュー



価格別・タイプ別ワイン検索

スマートフォンで検索

味わい
産地
品種
サイズ
生産者
価格
ワード
※商品名・商品番号・合う料理など
在庫
在庫ありのみ検索

検索条件をクリア

13000円以上で送料無料

お客様の声

NPO法人オーガニック協会

日本電子商取引事業振興財団